概要
OUTLINE

基本理念

地域に根ざした法曹教育

 金沢大学は,1949年に法文学部法学科を創設しました。1971年には大学院法学研究科が発足し,1980年には法学科が法学部となりました。
 この法学部・法学研究科は,教育研究機関として,人間及び社会に対する健全な関心を醸成し,そして,適切な判断能力を涵養することを目標としてきました。金沢大学は,今日に至るまで多数の法曹を輩出するなど,このような関心・能力を備えた人材を育成してきたと自負しています。また,今後もその役割を担っていく責任を負うべきと考えています。そこで,司法制度改革の趣旨に則り,地域に根ざした法曹教育を基本理念として,2004年,大学院法務研究科(法科大学院)を設置しました。
 金沢大学法科大学院の教育は,法そのものの知識を習得することと同時に,人や社会に対する深い洞察力を養うことにも向けられています。法律を解釈し,適用し,運用する者が,実際に「人」が生活する社会に対して常に関心を払い,深い理解を示すことで,公平かつ妥当な解決が生まれてくると考えているからです。
 そして2020年,大学院法務研究科は法学・政治学専攻を設置し,従来の法務専攻とあわせた2専攻体制とし,大学院法学研究科へと名称変更をしました。この改組により,かつての法学研究科の流れをくむ人間社会環境研究科法学・政治学専攻と法務専攻がひとつとなりました。法務専攻(法科大学院)は,2専攻体制の強みを生かしつつ,これまで以上に,将来の社会に貢献し得る,法的素養を備えた有為な人材の養成に努めます。

ex. 紛争とその法的解決I・II

 「紛争とその法的解決I・II」は,金沢大学の地元である北陸三県の弁護士がその実体験から題材をとり,オムニバス方式で実施している授業です。
 学生は法的知識,司法の役割,法曹の使命などを学びます。この授業により,勉学へのモチベーションが大きくアップするという感想が多数寄せられています。

金沢大学法科大学院アドミッション・ポリシー,カリキュラム・ポリシー,ディプロマ・ポリシー

学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

 法科大学院全体に要請されている社会的使命、および本法科大学院の教育目的・目標を達成するために、以下のような能力・背景を持つ入学者の受け入れを本法科大学院の入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)として掲げます。

(1)推論能力や論理展開能力等、法学教育に必要となる基礎能力を備えている方

 生の事実から法的に重要な事実を読み取り、そこから一定の結論を論理的に導いて行く能力は、法律家にとって何よりも必要なものです。こうした能力は、本法科大学院の教育課程においても養われるべきものですが、一朝一夕に修得できるものではないため、限られた時間内で法曹を養成しなければならない現実を考慮すれば、入学以前より一定程度の水準に達していることが法科大学院の入学者にとって必要です。

(2)「人間と社会に対する健全な関心と判断能力」を有する方

 本法科大学院は、カリキュラムポリシーの「1」に、「法そのものの知識を習得することと同時に、人や社会に対する深い洞察力を養うことで、地域社会の人の立場にたった法律家を養成する。」を掲げていますが、そのためには大学教育あるいは社会の実生活において、常日頃から人や社会に対して健全な関心を有していることが必要です。

(3)様々なバックグラウンドを有する方

 現在、法曹界においては、単なる法律の専門家ではなく、多様な知識を有する人材が求められており、そのことが法科大学院構想の重要な要素として認識されています。こうした現状に鑑み、本法科大学院においても、法学部出身者以外の様々な専門的知識や多様な社会経験を有する人材を広く社会に求めることが必要です。

(4)法律基本科目に対する基礎的な専門知識を有する方(短縮コースのみ)

 短縮コースの入学者に関しては、その制度の趣旨からして、法律基本科目(いわゆる「実定法科目」)について、一定水準の専門知識を有していることが必要となります。

教育目標及び教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

金沢大学法科大学院は、以下の教育目標の下、教育課程を編成し、実施する。

  1. 法そのものの知識を習得することと同時に、人や社会に対する深い洞察力を養うことで、地域社会の人の立場にたった法律家を養成する。
  2. 地方都市における法律家として、扱われる多種多様な事件をひとりで解決するために、適切かつ迅速な紛争解決を目指し、事件を分野横断的に捉えることができる能力の育成を図る。
  3. 21世紀を担う法律家として、紛争の解決のみならず、紛争予防にも重要な役割を果たすため社会貢献することのできる法律家の養成、すなわち、社会状況を的確に把握する能力、それに基づく制度設計能力、そして私的紛争を予測・回避する能力の育成を図る。
  4. 理論と実務を架橋する高度な教育を実施するために、法律学の基礎から発展・応用へ、理論的教育を踏まえて実務的教育へと段階的に学修することができる教育課程を編成する。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

金沢大学法科大学院は、「地域に根ざした法曹教育」を理念に掲げ、カリキュラム・ポリシーに基づき実施されたカリキュラムにより、専門職として法曹にふさわしい高度な法知識及び社会の問題に精通し、また人間に深い理解を示す公平な感覚をもって実践的法運用を実現できる能力を備えた者に対し「法務博士(専門職)」の学位を授与する。

法務専攻について
ABOUT HOUMU

概要
OUTLINE

専攻紹介
INTRODUCTION

自己点検・評価
QUESTION AND ANSWER