本文へジャンプ

担当教員の紹介

研究者専任教員の紹介

氏  名 鵜澤 剛
職  名 准教授
担当科目 公法Ⅱ,行政法演習,公法総合演習
最終学歴 立教大学大学院法学研究科
博士後期課程退学
取得学位 博士
研究室 人間社会2号館6階
連絡先 内線5381
職歴 立教大学法学部助教
著書・論文等 【平成28年】
・大林啓吾・見平典編『憲法用語の源泉をよむ』(三省堂)「一般的自由」(66-70頁)、「保護義務」(96-100頁)、「比例原則」(111-115頁)、「制度的保障」(135-140頁)、「執行権」(208-212頁)、「抽象的違憲審査」(241-245頁)の項目を担当
・「金融商品取引法に基づく外務員登録取消処分取消訴訟における当該外務員の原告適格」自治研究92巻12号111-122頁
・「不利益処分における聴聞主宰者の選定」法学教室426号別冊付録『判例セレクト2015[Ⅱ]』4頁

【平成27年】
「日本の感染症対策」法学セミナー723号53-56頁

【平成26年】
・「行政文書一部非開示決定に対する異議申立ての棄却決定後の公益開示の適法性」法学教室402号別冊付録『判例セレクト2013[Ⅱ]』4頁

【平成25年】
・「司法試験行政法と行政法理論」法学セミナー702号17-21頁
社会貢献活動

公的活動
石川県後期高齢者医療広域連合情報公開審査会および個人情報保護審査会委員
石川県後期高齢者医療広域連合公務災害補償等審査会委員
金沢医科大学認定再生医療等委員会委員
金沢医科大学病院における病院研究倫理審査委員会委員
金沢医科大学医薬品等臨床研究倫理審査委員会委員
金沢医科大学病院治験審査委員会委員
金沢医科大学病院医療安全管理業務監査委員会委員
金沢弁護士会資格審査会予備委員
一言メッセージ
 行政法においては、多種多様な行政活動をめぐって生ずる紛争を、これまた多種多様な個別法を縦横無尽に駆使して解決することが求められます。これは高い応用力を必要としますが、その反面で、必要な知識量はそれほど多くはありません。行政法の授業を通じて、初見の問題を手持ちの道具を駆使して解決していく楽しさを感じ取ってもらえればと思います。