本文へジャンプ

担当教員の紹介

実務家専任教員の紹介

氏  名 野坂 佳生
職  名 教 授(弁護士)
担当科目 法学入門,民事訴訟実務の基礎,
クリニック,エクスターンシップ,
模擬裁判(民事)
最終学歴 東京大学法学部
研究室 人間社会3号館5階
連絡先 内線5608
ynosaka@kenroku.kanazawa-u.ac.jp
職歴  
著書・論文等 【共著】
『法教育のフロンティア』(福井法教育推進協議会編著・日本文教出版・2016年11月)
【論文】
「法教育におけるローマ法活用の試み-法学導入教育への示唆も含めて-」『金沢法学』59巻2号(2017年3月)
「弁済抗弁における別口債務存否の主張立証責任-規範的要件論の観点から」『金沢法学』58巻2号(2016年3月)
「米国LRE(法関連教育)の手法による実務基礎科目における価値教育の試み-『民事訴訟実務の基礎』における効率と公正の扱い」(『法曹養成と臨床教育』第8号(2015年11月)
社会貢献活動
公的活動
福井県介護サービス苦情処理委員会 委員
福井県土地利用審査会 委員
弁護士登録年月 昭和63年4月
所属弁護士会・所属事務所名 福井弁護士会
川上・野坂・安藤法律事務所
主な取扱事件,公職等 福井弁護士会 会長(平成14年4月〜15年3月)
日本弁護士連合会 市民のための法教育委員会 副委員長(平成16年6月〜現在)
中部弁護士会連合会 法教育委員会 委員長(平成21年8月〜現在)
一言メッセージ
 主要な研究テーマである米国の法関連教育に関する知見を法学導入教育及び臨床法学教育に活かしつつ,北陸地域の弁護士会に所属する弁護士として「地域に根ざした法曹」の育成に貢献したいと思います。