本文へジャンプ

Q&A

Q 社会人特別選抜はありますか。
A 社会人特別選抜はありませんが、合格者のうち3割程度を社会人・他学部出身者のための優先合格枠として設定しています。
金沢大学法科大学院における「社会人」の定義は、「出願時において、出願資格の学歴等を取得後3年以上経過している者」です。

Q 大学を卒業した後、アルバイトをしていました。優先合格枠の「社会人」として出願できますか。
A できます。上記「社会人」の定義「出願時において、出願資格の学歴等を取得後3年以上」には、定職についているかどうかを問いません。

Q 標準コース、短縮コースの両方を受験することは可能ですか。
A 可能です。両方を併願する場合でも、入学検定料は3万円です。

Q 北陸地方の出身ではなく,法科大学院修了後も北陸地方で法曹になる予定がないのですが,合否に影響しますか。
A 一切,影響しません。金沢大学法科大学院は,たしかに「地域に根ざした法曹教育」を設置理念に掲げています。しかし,北陸だけのための法科大学院ではありません。すべての受験者に門戸を開いています。