本文へジャンプ

基本理念

地域に根ざした法曹教育

 金沢大学は,昭和24年に法文学部法学科を創設しました。昭和46年には大学院法学研究科が発足し,昭和55年には法学科が法学部となりました。  
 この法学部・法学研究科は,教育研究機関として,人間及び社会に対する健全な関心を醸成し,そして,適切な判断能力を涵養することを目標としてきました。金沢大学は,今日に至るまで多数の法曹も輩出するなど,このような関心・能力を備えた人材を育成してきたと自負しています。また,今後もその役割を担っていく責任を負うべきと考えています。そこで,司法制度改革の趣旨に則り,地域に根ざした法曹教育を基本理念として,平成16年,大学院法務研究科(法科大学院)を設置しました。
 金沢大学法科大学院の教育は,法そのものの知識を習得することと同時に,人や社会に対する深い洞察力を養うことにも向けられています。法律を解釈し,適用し,運用する者が,実際に「人」が生活する社会に常に関心を払い,深い理解を示すことで,公平かつ妥当な解決が生まれてくると考えているからです。
 平成18年,法学部は人間社会学域法学類へと,法学研究科は前・後期制の博士課程大学院人間社会環境研究科へと改組されました。法務研究科(法科大学院)はこれらとともに,将来の社会に貢献しうる,法的素養を備えた有為な人材の養成を目指しています。

ex. 紛争とその法的解決I・II

 「紛争とその法的解決I・II」は,金沢大学の地元である北陸三県の弁護士がその実体験から題材をとり,オムニバス方式で実施している授業です。
 学生は法的知識,司法の役割,法曹の使命などを学びます。この授業により,勉学へのモチベーションが大きくアップするという感想が多数寄せられています。

アドミッション・ポリシー,カリキュラム・ポリシー,ディプロマ・ポリシーについて

 上記の理念を踏まえ,アドミッション・ポリシー,カリキュラム・ポリシー,ディプロマ・ポリシーを定めています。
 アドミッション・ポリシーはこちら,カリキュラム・ポリシー,ディプロマ・ポリシーはこちらをご覧ください。