本文へジャンプ

修了者からのメッセージ

写真 氏名:村上 巧市
入学年:平成21年
修了年月:平成23年3月
現在の職種:弁護士(金沢弁護士会)

●弁護士の支援体制

 金沢大学法科大学院(以下,親近感を込めて「金大ロー」といいます。)は,地元弁護士による支援体制が非常に充実しています。
 私は現在,金沢の法律事務所に勤務していますが,金沢弁護士会にはロースクール支援委員会が設置されており,私も委員として活動しています。現在行っている支援活動としては,週2回程度の弁護士チューター制度があり,学生が学内において個別に弁護士に質問することができます。さらに学生の勉強のために支援できることがないかを委員会で常に話し合っています。
 委員会とは別に,金沢大学(学部・ロー出身を問わない)OBで構成された金沢大学法曹会も,独自の支援を行っています。こちらは,主に土曜日に本試験過去問の添削及び解説を行なっています。統計をとったわけではありませんが,この学習会に熱心に参加している人の方が司法試験合格を勝ち取っているという印象があります。私も,在学中及び修了後にはほぼ欠かさず参加し,大変勉強させていただきました。
 さらに,支援の趣旨からは離れますが,将来金沢で就職することを考えている人には,このような場に参加することで,地元の弁護士の話を聞く機会ができるというメリットもあると思います。

●私と金大ロー

 私は,会社員(金融関係)→旧司法試験を経て,金大ロー既修コースに入学しました。
 旧試験受験時代は基本的に一人で勉強していたので,同じ目標を持った仲間と時には法律について議論し,あるいは切磋琢磨し,という環境は非常に刺激的でした。
 講義とは別にゼミを組んだりもしていました。私は努力及ばず2回の不合格を経験することになってしまいましたが,当時組んでいたゼミのメンバーは最終的に(つまり合格年度が違えど)全員合格することができました。
 また,既修コースで入学しながら3回目の受験で合格することになったため,在学期間より修了後の期間の方が長くなってしまったのですが,金大ローでは,修了後もステューデントアドバイザー(SA)として自習室や図書室等の施設を使用することができることは大変ありがたかったです。勉強する場所や書籍もさることながら,引き続き同じ目標を(しかも不合格を経てより強固に)持った仲間とともに勉強を続けることができたからです。
 もちろん,ロースクールは友達を作りに来るところではありません。
 しかし,苦しい時期をともに戦った仲間は,法曹実務家となってからも,何でも質問し合える頼もしい存在となりました。

●最後に

 先輩に受けた恩は後輩に対して返す,というのが我々の伝統です。私が合格に際して受けた支援は,これから金大ローに入学する皆さんを支援することで返していくべきものです。
 是非金大ローに入学し,私に恩返しをさせてください。