本文へジャンプ

研究科名称の変更について

 金沢大学法科大学院は、2004年4月の開学以来、金沢大学大学院「法務研究科法務専攻」という名称を用いてきましたが、2020年4月より「法学研究科法務専攻」に名称を変更する予定です。この名称変更にともない、金沢大学大学院法学研究科は、法務専攻と法学・政治学専攻の二つの専攻で構成されることになります。
 法務専攻は、これまでどおり法科大学院としての組織を維持することになりますので、修了生には法務博士(専門職)の学位が授与されます。教育体制および学内の学習環境・施設をさらに整え、さらに充実した法曹教育を提供していくことに何ら変更はありません。