本文へジャンプ

ストラスブールでの在外研究記


ストラスブール市街

 昨年の10月以来、フランス東部の都市ストラスブール(Strasbourg)におります。独仏国境のライン河を徒歩で越えドイツに入国したときは、ちょっと感動しました。ここアルザス=モゼル地方には、ドイツ法の影響を多分に受けた、フランス一般法とは異なる地方固有の不動産登記制度があります。民法実体法、登記手続法、登記実務(公証人制度論)の研究を通じて得た知見を活かし、日本の民法・不動産登記制度の発展に少しでも寄与できればと考えております。(舟橋秀明)