本文へジャンプ

主な法律実務基礎科目

クリニック

市民・学生に好評!

「法科大学院生による無料法律相談」を広く一般市民に広報し,訪れた相談者の法律相談に対して,履修者は,金沢弁護士会所属弁護士の立会いのもとで事実関係聴取から法的助言指導に至るまでの法律相談業務を実際に行います。

□授業担当教員から(野坂)

法的評価を受けて整理される前の「なま」の紛争事案への模擬裁判対応を実体験することは,教室で学んだ知識や法理論の活用を学ぶうえで極めて有益であり,3 年生の大多数が履修しています。市民からも好評で,例年,早い時期に相談予約は満杯になります。

□履修した学生の声
  • 「法を使う」ということを実体験できて非常に有益だった。
  • 相談者の希望に即して事案を法的に構成するトレーニングができたことは司法試験にも役立つと感じた。
  • 今後の勉強の方向性がわかり勉学へのモチベーションが高まった。

エクスターンシップ

北陸三県弁護士会の協力

履修者は,金沢・富山県・福井弁護士会所属弁護士の事務所に配属され,指導弁護士の指導を受けながら,2週間にわたり弁護士実務の実際(弁護士会活動や公益活動などの弁護士の社会貢献活動を含む)を実体験します。希望者はほぼ全員履修できます。

□履修した学生の声
  • 実務研修中はすべての場面が勉強になり感動の連続だった。
  • 法律家の仕事の本質が「他者の説得」であることを実感した。
  • 指導弁護士だけでなく多くの弁護士と触れあえたことは有益であり,これは地方弁護士会ならではの利点だと感じた。

刑事訴訟実務の基礎

法曹三者による講義

刑事訴訟実務の基礎では,現職の弁護士,検察官及び裁判官が分担して講義を担当しています。各教員は実際の事件を基にした教材を使用し,随時自分の経験談を織り込むなど,理論と実務との架橋の実現を心がけています。

模擬裁判

具体的事案で実践

民事の模擬裁判と刑事の模擬裁判を行います。民事,刑事共に実際にあった事件をモデルとしたケースを教材として使います。

□授業担当教員から

具体的ケースについて,学生が裁判官役,原・被告代理人役,検察官役,弁護人役などになり,具体的事件に沿って訴訟手続や事実認定,実体法の解釈などを学びます。教科書では抽象的な訴訟法などの理論が,具体的にどのような形で現れるかを学ぶよい機会であると思います。