本文へジャンプ

金沢大学法科大学院カリキュラム・ポリシー,ディプロマ・ポリシー

教育目標及び教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

金沢大学大学院法務研究科は、以下の教育目標の下、教育課程を編成し、実施する。

  1. 法そのものの知識を習得することと同時に、人や社会に対する深い洞察力を養うことで、地域社会の人の立場にたった法律家を養成する。
  2. 地方都市における法律家として、扱われる多種多様な事件をひとりで解決するために、適切かつ迅速な紛争解決を目指し、事件を分野横断的に捉えることができる能力の育成を図る。
  3. 21世紀を担う法律家として、紛争の解決のみならず、紛争予防にも重要な役割を果たすため社会貢献することのできる法律家の養成、すなわち、社会状況を的確に把握する能力、それに基づく制度設計能力、そして私的紛争を予測・回避する能力の育成を図る。
  4. 理論と実務を架橋する高度な教育を実施するために、法律学の基礎から発展・応用へ、理論的教育を踏まえて実務的教育へと段階的に学修することができる教育課程を編成する。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

金沢大学大学院法務研究科は、「地域に根ざした法曹教育」を理念に掲げ、カリキュラム・ポリシーに基づき実施されたカリキュラムにより、専門職として法曹にふさわしい高度な法知識及び社会の問題に精通し、また人間に深い理解を示す公平な感覚をもって実践的法運用を実現できる能力を備えた者に対し「法務博士」の学位を授与する。